Home

転職コンサルタントを活用しよう

コンサルタントとは

コンサルタントとは、企業経営・管理のノウハウなどについて、指導・助言をするプロや相談役のことを言います。あるいは、その業務そのものを示しています。

また、コンサルタントは、顧問という言葉と非情に似た意味を持っています。日本では、顧問とは、政界や財界のベテランが特定の団体や企業の相談に乗ったり、そのベテランさん自身が、顧問や相談役の役職に付くということが、過去の例を見ても多いようです。

会社で、キャリアを積んだ後、自力で、顧問業の専門職を運営することが流行り出した時、誕生したのがコンサルティング業務です。この事実によりコンサルタントは、知識・テクニックを指導するだけの業務内容から、策戦を含む企画・アドバイザーとしての職務を持つようになりました。

さらに、コンサルタントには、当該業務または業種とプレゼンテーションに関するハイレベルな専門知識やスキル、観察・整理・指導、論理能力、薀蓄、バイタリティーなど多種多様な才能が必要とされます。

コンサルタントになるための資格というものはないですが、公認会計士・弁護士・税理士・弁理士・建築士・不動産鑑定士などが業務上、強く関わってくる国家資格です。

現代の転職事情

かつての日本企業はその経営規模の大小に関わらず、会社というのはひとつの運命共同体であり、社員は家族同然であり、定年まで同じ職場で働く終身雇用という考え方が一般的であり、当然でした。そして美徳でもありました。

転職というのは残念ながら何らかの事情により初志を貫徹できなかった、志半ばにして挫折した、いわば落伍者的な受け止め方をされていたのです。しかし、現代の転職事情はそのようなものからは程遠いものとなっています。もはや終身雇用という雇用形態は大半の企業でのリストラクチャリングという形で崩壊し、その余波は安定志向であった公務員にさえ及ぼうとしています。

欧米型のキャリアアップ、転職を繰り返し、それに伴い仕事も地位も信用も収入も獲得し、最終的には独立起業というビジネスモデルがもてはやされています。これにともない企業は社員の育成を放棄し、社員には即戦力を求める傾向が現れ、実力さえあれば一部上場の有名企業に転職することも夢ではなくなったのです。

転職に必要なもの

グローバル化の進展や、急速な技術革新などによって、経済や社会を取り巻く環境が複雑になり、多くの企業の将来の先行きはが不明確なものとなっています。 その影響でM&A、事業統廃合などの同じ会社に長く勤められる保障が消えていっています。2006年11月の事務局のアンケート調査によると、76%が転職経験があると回答しています。 いまや転職は大変身近な問題となっています。

転職に必要なものは、転職について考えることや応募に向けて具体的な情報収集をしたり、応募書類を作成し、企業へのアプローチを開始する、無事に書類選考を通過したら、いよいよ面接する、円満退職し入社準備をするの全部で5つがあります。

また、他にも、転職に関して必要な書類を準備しないとなりません。それらの書類は、誓約書・身元引受証書や身元引受人の鑑証明書、退職証明書、証明写真、給与所得の源泉徴収票の原本、退職所得の源泉徴収票のコピー、健康保険証の両面コピー、資格喪失証明、年金手帳、雇用保険被保険証、履歴書に記載した証明書類、運転免許証などがあります。

以上の中の、必要が必要でないかは会社により異なります。

転職支援サイトとは

かつては終身雇用というのが日本の社会にとっては一般的でした。しかし、バブル崩壊によって企業にはかつてのように新入社員を雇用して、教育するといった余裕がなくなってきました。そこで、中途採用によって即戦力となる人を雇用するようになりました。

雇用されている人たちも、より良い条件を求め転職をするようになりました。ネット社会になり、転職支援サイトを活用する人々が増えています。ただ単に転職の方法をアドバイスするだけでなく、カウンセリングを行いその人にあった企業の紹介を行います。

キャリアアップを目指す上昇志向の人たちにとっては、有難いサイトだといえるでしょう。しかし、やむを得ず職を失い新たな就職先を探している人たちにとっては、内容的にあまり意味がないサイトだといえます。ホワイトカラーの転職を対象としており、ブルーカラーを視野に入れていないのが実情です。

キャリアアップのためには、自分の進むべき方向を見極め、資格を取得することが有利に作用します。転職支援サイトはあくまで支援するだけで、実際に重要なのは個人のスキルなのです。

医師特化型の転職支援サイト